犯された社長秘書 石野麗子 – アダルトビデオ動画 – 無料

続きをみる





















都内のオフィスにて秘書を務める美人OL麗子。いつもと変わらない仕事風景だったが、麗子の元に同僚である旦那から一通のメールが届いた。『社内で不穏な噂が流れている』自社の営業部長が裏取引で横領を繰り返し私腹を肥やしているという内容は秘書として聞き捨てならないものだった。社内の人間にそういった人間がいるという不安になりながら真相解明に乗り出すのだったが…。


★★★★★

昨日放送の美女と男子(NHK)のあらすじを詳しく教えて下さい。


石野麗子/閲覧:166回/回答:1回
昨日放送の美女と男子(NHK)のあらすじを詳しく教えて下さい。


ベストアンサー


※11話の再放送は7月12日(日)午前1時5分~(土曜日の深夜という流れ)。12話の再放送も続けて行われます。
11話。遼とかれんのキスしてる場面をスクープされ、週刊誌に載ると事務所に連絡が来る。マネージャーの一子、右京から軽率すぎると怒られる遼。自宅に帰ろうとすると、待ち構えていた記者たちに追い回される。石野社長と一子は、かれんの事務所に謝罪に行き、「大手を辞め、起業して、社長自ら頭を下げにこないといけなくなるなんて。」と嫌味を言われる。帰り、腹立つ一子に石野は、「別にこんなことは気にしない。」と言う。家に帰れなくなった遼を一子は自宅にしばらく預かることに。
遼の記事は、父親の斑目の女優中里麗子とのデート記事とダブル掲載になり、石野は斑目の元へも謝罪に。しかし、斑目は、「自分はともかく、麗子さんに迷惑では。」と、逆に気にする。麗子は、「女優にとって恋はつきもの」と大物ぶり。斑目は珍しく、「あいつ(遼)の方は大丈夫なのかな?」と口にする。麗子が「あら?」っと冷やかす。
かれんファンからのネットでの遼のバッシングが止まらない。クレームの電話、取材の電話も。石野は遼に、<1つ、無視する。2つ、交際を認め、開き直る。3、完全否定。>と3択をもちかけ、「ノーコメント」で押し通す方針を固める一子。
しかし、その時、かすみは堂々テレビで「遼くんのことが好きです。」宣言。石野は、かれんは清純派で売ってきたが、年を重ね、同性(女性)にウケるよう、キャラ設定変更で、私も年相応、みなさんと同じ恋する女の子路線で売り出すため、遼が利用されたんだという。かれんのアピールに対し、ノーコメントの遼の立場が苦しくなり、石野に「何とかして欲しい」と一子は泣き言を言う。
ドラマの台本に変更が出た。なんと、遼とかすみのキスシーン。しかも、遼の役が強引に唇を奪うというもの。
本番中にもかかわらず、記者がおしかけ、写真撮影。また、週刊誌ネタになる。
実は、石野が仕組んだこと。
朝ごはんの時、一子の息子から、ヒーローがキスするなんてかっこいい!と特撮ファンの子どもたちの間では、バッシングどころか高評価を受けていると知らされ、子どもたちには嫌われてないと安堵する遼。一子の父は、今回、遼を「息子を忘れるなんてすまん。悪かった。」と勘違いする、ボケ状態。
亜依は台湾出身アイアイと偽りグループデビュー。歌番組に参加するが、振りをマスターしていないアイアイは、明らかに痛々しいほど、皆についていけてない。局が終わり、泣き出すアイアイをメンバーがなぐさめる。文句を大門プロデュサーにぶつける一子。生放送なので、明らかに落ちこぼれのアイアイには、頑張れ、かわいい!これからも見守るよ!とたくさんの応援ファックスが届く。「ピンチはチャンスだ」と、大門。
右京が一子に、素でかれんのことが好きだと打ち明けられ、石野に相談。
石野は、また電話を。そして、また、ドラマ脚本に差し替えが。今度は右京演じるIT企業社長が涙ながらに、本当に君のことが好きなんだと気持ちを伝えるシーン。
よかったわよという一子に、「あれは駄目だ、役ではなく、右京本人の気持ちで体当たりした結果。遼は、彼女のことが好きでもないのに、役を演じきっている。役者失格だ」と落ち込む右京。一方、右京の演技を見た遼は、「自分には心がないのかも」と悩む。一子は、二人に違いを己なりに見つけるために仕組んだのかと尋ねる。
そこへまた、かれんがテレビで、「相手にしてくれない男の子より右京君の方が好き」と鞍替え宣言。そのテレビを見た右京はニヤニヤしながら、石野と一子に「お2人を食事に誘いたい」という。
ロックスナックハローで「ロード」(※もちろん、高橋ジョージの作詞作曲の)を歌い、ご機嫌の右京。石野と一子は、とりあえずの一件落着に仲良く乾杯。その様子にふてくされる遼。
雇われマスター、たどころ達は、ここに並木元社長がおったら、昔の敵は今日の友いうて、喜んだやろうになと、言う。
その並木は、沖縄のビジネスホテルで、斑目と麗子のニュース記事の雑誌を見ていた。嫉妬している人の目は緑色・・・というようなナレーションで締め。
録画していないので、うろ覚えですが、まあ、こんな展開です。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

最近何気なくYouTubeで松田聖子さんの80年代の動画を見て興味を持ち、色々な動画を…


石野麗子/閲覧:1639回/回答:5回
最近何気なくYouTubeで松田聖子さんの80年代の動画を見て興味を持ち、色々な動画を見てしまいました。
80年デビューから84年2月「Rock’n Rouge」までは、そこまで大きな変化はなく、ナチュラルで可愛い聖子さんでした。
それ以降の「時間の国のアリス」から、少し濃いめのメイクになり、大人っぽくなったと印象を受けました。
84年11月「ハートのイアリング」以降からは、どんどんメイクが派手に濃くなっていったように思えます。
84年の聖子さんは22歳でまだ若いので、ナチュラルで可愛い路線でまだ十分いけたのに、どうして派手なメイクに路線を変更したのでしょうか?
やはり、アイドルというカテゴリーから抜けだし、可愛い→大人の女性に変化するためだったのでしょうか?
個人的な意見ですが、聖子さんは童顔なのでメイクは派手ではなく、ナチュラルの方が似合って可愛く思えたので。
結婚もありましたが、路線変更後からシングルの売上が落ち始めたようにも思えます。
せめて20代後半まではナチュラル路線でいれば、もう少し長く聖子さんの時代を築けたかな?とも思えました。
メイクが派手になるのは30代からでもいいような気がしますし。
当時見ていた方は、聖子さんの変化についてどう思っていたかお答え下さい。
それと武道館LIVE82~85年までも見てみましたが、
メイクは82年のみナチュラルで、83~85年は派手なメイクに様々なカツラをつけて熱唱されていました。
同じ年でもテレビ出演時とLIVEでの姿の違いにギャップを感じました。
(特に83年は「天国のキッス」がTHEアイドルでかなり可愛かったので)
LIVEでは演出上、メイクや衣装は多少 派手に濃くなるとは思いますが・・・
83年以降の武道館LIVEは、「天国のキッス」までのようなアイドル可愛い聖子さんを期待して見ると少し微妙なような気がしました(LIVEではテレビで見せるぶりっ子な仕草もありませんし)
それでも、アイドルのコンサートではなく、高い歌唱力で1人の歌手として挑んでいるようで、とても格好良かったです。
若い時から、LIVEではぶりっ子なし・派手なメイクは定番だったのでしょうか?


ベストアンサー


コンサートどころか、ラジオでもブリッコなしです。
個人的には「ロックン・ルージュ」から化粧は濃くなったと思いますよ。
あれって化粧品のCMソングで、何でか知らないけど
聖子さんはやたらと「いつか化粧品のCMソングをやりたいの!」
と言ってて、資生堂・エクボみたいなのじゃなくて、
本当にルージュとかアイシャドウとかのCMを担当したい、
と熱く熱く願ってました。
だから、あの曲で「♪ピュアピュアリップス、気持ちはイエス」
というルージュのCMソングになった時には
心底嬉しそうだったし、あの曲から一気にメイクが濃くなった。
あの’84年に、今まで自分でメイクしていたのに、
嶋田ちあきというヘアメイクアーティストにお願いする事になって、
そのときに「まずは自分でやってみて」と嶋田氏に言われて、
いつものメイクを見せた後で「眉毛をこうするといい」等々、
すっかり嶋田氏が聖子の顔を変えてしまいました。
嶋田氏は「なるほど。こうして松田聖子が出来上がっていくんだな、
と知って、じゃあ眉毛をカットしてみようとか、アイディアが浮かんだ」
などとのちのち言ってましたが、余計な事をしてくれたと思う(笑)。
まぁ時代的にもテクノ系メイクが流行ってたので、
パープルに近いピンクのルージュとアイシャドウ、濃いチークで、
あれは岩崎宏美や高田みづえなんかもしていたメイク。
「ハートのイアリング」の時は、すっかり翌年には郷ひろみと結婚!?
と騒がれていたころで、あのやりすぎな髪型もメイクも、
郷ひろみに合わせたものです。
聖子は恋人とか好きな人に影響を受けやすい。
’80~84年頭までファンだった人は、
可愛らしさがなくなっていく姿に、ちょっと悲しかった。
私の中では「ピンクのモーツァルト」をリリースした時に、
おかしい、何かがおかしい!!!と思ってました。
あれはないわー。あれはない!!
あの曲もメイクもヘアスタイルも衣装も、すべてないわー。
細野晴臣とか、信じられないわー。
もう聖子に関わってこないでくれる?とすら思いました(笑)。
「時間の国のアリス」はまぁまぁよかったけど、
でも歌詞の世界観はすっかり変わっちゃって、
あれー?こんなんでいいのー?とは思いました。
だってあまりにも無意味でしょ、あの歌詞。
ただの童話の世界ですよね(苦笑)。
だから、前の年の’83年冬の「瞳はダイアモンド」までが私的には
まだ聖子さんが聖子らしさを持っていた時期だと思います。
と言いつつ「ガラスの林檎」はないわー、とは思いましたが。
どうも私は細野晴臣が苦手なのかもしれない(笑)。
「ガラスの林檎」をリリースするくらいなら、
大瀧詠一作曲の「ガラスの入江(LP曲)」をリリースたほうがマシ!!
翌年’84年の「ロックン・ルージュ」の時に、聖子の独立報道があって
実質的には独立しないで、サンミュージック内に
聖子自身のプロジェクトチームを作る、という事で落ち着いたんだけど
あの辺から、ファンは聖子の気持ちを汲みたいけど、
マネージャー以外のスタッフ側は、ちょっと変わってしまった…と
こんな私ですらわかりました。
それを察知した聖子さんはハワイへ1か月間留学。
充電期間を作ったのでした。
でも事務所よりもファンの熱望のほうが勝つ形になって、
一応シングルをリリースしてもいつもランクインはしてたけど。
でも「ピンクのモーツァルト」はやっぱりないわ。
映画「夏服のイヴ」もない。
あの主題歌が「時間の国のアリス」のB面だったんだから恐ろしいわ。
「はじめての情事」という不倫ドラマに出た時も、
涙しかありませんでした。勝野洋って…。そんなぁって感じ。
何でそんなに大人になりたいの?と思ってました。
百恵や石野真子が21歳で引退・結婚したから??
そんなところだけ足並みそろえたいの???と思いました。
話がそれましたが、’82年のコンサートは、初の武道館コンサートで、
メイクはいつものまま、大掛かりなセットと衣装に力入れてましたね。
あと、20歳になっていたので、20歳のあの年に髪型変えたり
女性ファンが急増したり、アイドルとして一番勢いがあった時期。
聖子は20歳というのを前からすごく意識していた。
デビュー時から「大人の女性への憧れ」ってのがすごく強くて
「憧れは大原麗子。可愛くて大人っぽい。どちらもある素敵な女性」
とか言い出したのも20歳くらいの頃から。
それまでは、百恵!百恵!だったけど、本音が出てきた。
翌年の暮れの武道館コンサートは、伊集院静が演出に加わってきて
その割に前年より選曲落ちてない?と思いましたがまぁしょうがない。
セットは全然力入れてなかったですね。
いま見ると、シンプルで純粋に歌声を楽しめるからいいんですが
セットはダサいな、と思う。前年くらいの華やかさがほしかった。
「Canary」を歌う時に本人がマイクスタンド持ってくるとか、
ダサすぎる(笑)。あの時代だから許されたダサイ演出。
その’83年は映画「プルメリアの伝説」でキスシーンがどうのって
大騒ぎになって、
わざわざ「徹子の部屋」に出てその撮影時の秘話を語ったりとか、
その前後くらいに「のちの想いに」とかいう
キワどい写真集を出してた。
ちょっと本屋で買うのに勇気がいったなあれ。
表紙からしてヤバいんだもん。
ラストのページに行くにつれ、外人にナンパされて
一夜を過ごしました!!みたいな変なコンセプトの写真集(笑)。
何だったんだあれは。
(でも立ち読みさせないよう、きっちりビニールに包まれていたのが
ちゃっかりしている)
たぶん、あんな写真集とか、映画のキスシーンとか、
すごく脱皮し始めたくなったのが’83年だったんだろうなぁ。
でも’84年のカレンダーが、そのキワどい写真集からの
ショットだったので、これ飾れねーわ!!と、押し入れの肥やしに。
なので、聖子さんが、ひとつぶの青春という言葉通りに
青春を感じさせてくれたのは’83年の
「青いフォトグラフ(B面曲)」くらいで
’83年ですら他の曲はあまり好きになれなかったです。
でもLPはよかったから。
「ユートピア」というLPは、今も聴きます。あれは良いですね。
’84年は「ロックン・ルージュ」からして、ああ、聖子が変わっていく、
もう変わっていくんだな・・・と個人的には寂しく思いました。
で、ついに「ハートのイアリング」であんな髪型とメイクと衣装になり
そうこうしてたらNHK紅白で盛り上がってたのに郷ひろみと破局して、
あっという間に神田正輝と婚約して。
神田正輝が「厚化粧はいやだ」というから、
聖子さんは極力、メイクを薄くしていってた。
「ボーイの季節」ではもう「天使のウィンク」ほど濃くはなかったし
そもそももう6月には結婚式だったので
4月くらいからTVは録画のみで、
最後に濃いメイクを見たのは雨の日の結婚式の時(笑)。
月曜日だったので「トップテン」でその時の様子が放送された。
昼の結婚式の模様を、夜に流す日テレ。
私はその日、トップテンの観覧が当選し、渋谷公会堂で見ました。
だから、聖子さんから年齢相応のかわいらしさを奪ったのは
大人の女性に憧れつづけた聖子さん自身であり、
嶋田ちあきと細野晴臣の罪も深いと思う(笑)。
あくまで、私にとっては、ですが。
’82年でじゅうぶん受け答えも社会人らしくて大人っぽかったから、
あのままいってほしかったかな。
サンミュージックの社長が聖子さんに名刺を作ってくれたので、
社会人に憧れる聖子さんは色んな人にそれを渡して楽しそうだったし、
海外に行く時も仕事は「会社員」と書いたりしたとか、
「私はサンミュージック社員」とか、笑えるエピが結構あった(笑)。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

日本の歌謡界における歴代の女性アイドルNo1は、やはりAKB48なのでしょうか?


石野麗子/閲覧:1807回/回答:27回
日本の歌謡界における歴代の女性アイドルNo1は、やはりAKB48なのでしょうか?
あなたにとってのNo1を教えてください。
?
三人娘(江利チエミ・美空ひばり・雪村いづみ)、吉永小百合
星由里
子、山本陽子、高石かつ枝、松本めぐみ、大原麗子
柏木由紀子、由美かおる、日野てる子、黛ジュン、園まり
松原智恵子、酒井和歌子、岡崎友紀、吉沢京子、いしだあゆみ
新三人娘(小柳ルミ子・南沙織・天地真理)、麻丘めぐみ
中三トリオ(森昌子・桜田淳子・山口百恵)、栗田ひろみ
榊原るみ、アグネスチャン、浅田美代子、キャンディーズ
岡田奈々、岩崎宏美、ピンクレディー、大場久美子、榊原郁恵
香坂みゆき、石野真子、松田聖子、三原順子、薬師丸ひろ子
河合奈保子、伊藤つかさ、松本伊代、堀ちえみ、石川秀美
中森明菜、早見優、菊池桃子、原田知世、森尾由美、本田美奈子
小泉今日子、南野陽子、斎藤由貴、浅香唯、中山美穂、工藤静香
宮沢りえ、西田ひかる、安室奈美恵、SPEED、広末涼子、奥菜恵
内田有紀、深田恭子、モーニング娘。、少女時代、KARA
AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、乃木坂46、ももいろクローバーZ
など
補足日本の歌謡界ではなく、日本の芸能界でした。すみません。


ベストアンサー


アイドル以外も含めると美空ひばりが女王の座に君臨することは間違いないですが、
アイドルとは格も方向性も違いますし、大スターですからね・・・。
勝手なランキング(歌・演技・雑誌人気投票加味、
6人以上の大人数ユニットは除外)ですが、
1.山口百恵
2.松田聖子
3.中森明菜
4.ピンク・レディー
5.安室奈美恵
6.天地真理
7.薬師丸ひろ子
8.小泉今日子
9.中山美穂
10.岩崎宏美
11.キャンディーズ
12.工藤静香
13.SPEED
14.桜田淳子
15.南野陽子
16.宮沢りえ
17.アグネス・チャン
18.太田裕美
19.河合奈保子
20.WINK
21.森高千里
22.斉藤由貴
23.浅香唯
24.広末涼子
25.内田有紀
26.麻丘めぐみ
27.松浦亜弥
28.石野真子
29.Perfume
30.原田知世
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

堀越高校出身の芸能人をた~くさんた~くさん


石野麗子/閲覧:24012回/回答:3回
堀越高校出身の芸能人をた~くさんた~くさん
教えてください。


ベストアンサー


1940年代生まれ
中谷良(堀越の芸能人第一号)
松崎澄夫元歌手(現アミューズ副会長)
1950年代生まれ
永田英二
村田勝美
やなせかおる
郷ひろみ
野口五郎
あいざき進也
江藤博利
玉元正男
草川祐馬
城みちる 編入
小坂まさる 中等部出身。後に日本大学高等学校へ転出。
畠山昌久
近藤純市(中等部出身。高等部中退。後にNHK学園高校入学。)
1960年代生まれ
真田広之
渋谷哲平
川崎麻世
長谷部徹
曾我泰久(中等部出身)
大野祥孝
原川吉臣
山口裕章(元:ジャニーズJr.&文学座俳優)
ひかる一平
永瀬正敏(再入学)
竹本孝之
片岡康雄
中退
松原秀樹(中等部出身)
1970年代生まれ
稲垣吾郎
草彅剛
原知宏
松岡昌宏
小島啓
堂本剛
筒井道隆
赤坂晃
伊崎充則
工藤正貴(工藤夕貴の弟)
市川海老蔵 (11代目)(編入)
中退
真木蔵人
1980年代生まれ
秋山純
生田斗真
市原隼人(クラーク記念国際高等学校へ転校)
植原卓也
榎本雄太
岡田准一
郭智博
北山宏光(スポーツ推薦:サッカー)
呉村哲弘
小池徹平(編入)
小谷幸弘
小柳友
仙田賢太郎
石黒英雄(編入)
田中聖
手越祐也(編入)
東新良和
徳山秀典
栩原楽人
中村勘太郎
中村七之助
中山麻聖
長谷川純
藤田玲
松本潤
三宅右矩
三宅近成
山崎裕太
山下翔央
山下智久
山元竜一
若葉竜也
中退
三浦勉
仁科克基
藤原竜也
松田龍平
森内貴寛(編入)
塚本高史
1990年代生まれ
鮎川太陽
有岡大貴
布川隼汰
八乙女光
柳楽優弥
薮宏太
三浦春馬
芸能(女性)
1950年代生まれ
坂口良子
石川さゆり
池上季実子
榊原郁恵(編入)
森昌子
伊藤咲子
宮野涼子
片平なぎさ
林寛子
竹井みどり
青島美幸(青島幸男の娘)
岡田奈々
北村優子
山中ひとみ(編入)
秋谷陽子
中退
浅野真弓
1960年代生まれ
石野真子(編入)
松田聖子(編入)
南野陽子(編入)
岡田有希子(編入)
桑田靖子
浅野ゆう子
米倉ますみ
藤谷美和子(中等部のみ)
荒木由美子(編入)
早見優(編入)
大場久美子(編入)
松本明子
松本伊代
甲斐智枝美
森奈みはる
本田美奈子(編入)
堀ちえみ
比企理恵(編入)
森口博子(編入)
荻野目洋子
いしのようこ(編入)
武田久美子(中等部~)
井森美幸
岩崎良美
西崎緑
山瀬まみ(編入)
宮崎ますみ
松尾久美子
渡辺美奈代(再入学)
森高千里(編入)
倉沢淳美
高部知子(中等部~)
石田えり
八木小緒里
安原麗子
藍田美豊
岡村有希子(現:渡辺かえ)
松本友里(松平健の妻)(編入)
木村亜希(現:清原亜希)
坂上とし恵(現:野々村俊恵)
石原真理子(編入)
原真祐美
田中久美(編入)
河上幸恵
高橋美枝
石坂智子(編入)
浜田朱里(編入)
村田恵里
菊地陽子
矢野有美
島田歌穂(編入)
井上望(編入)
志村香
村松美香
橋本美加子
岩井小百合(中等部~)
新井薫子
水野きみこ(編入)
中山圭子(他校へ転校)
神保美喜(中等部~)
松本小雪
早川和佐
片山珠花
南きよみ
嶺川貴子
鮫島久美
岡谷章子(編
中退
小出広美(編入)
木元ゆうこ(編入)
1970年代生まれ
工藤夕貴
松たか子(編入)
ともさかりえ
桜井幸子
酒井法子
深津絵里(再入学)
高岡早紀
佐藤仁美(編入)
舞風りら
永井みゆき
田川寿美
田中律子(編入)
若林志穂(編入)
高橋由美子
中條(現:緒方)かな子
西村知美
石田ひかり
小高恵美
本田理沙
仁藤優子
伊藤美紀
早坂好恵
秋本祐希
夏川りみ
斉藤満喜子(編入)
山崎真由美
田村英里子
中山エミリ
相川恵里
国実百合(編入)
細江真由子
杉本理恵
新島弥生
井上麻美
渋谷琴乃
北岡夢子(編入)
坂井順子
上野めぐみ
KaNNa
薬師寺容子
統乃さゆみ
三宅亜依
菅野美寿紀
田中有紀美
飛田恵里
音羽しのぶ
堀江奈々
水谷麻里(中等部~)
広畑あつみ
吉沢瞳
中野理絵
浅山美月(渡辺幸恵)
久松由実
青木真穂(現:山田よう子)
佐月亜衣(現:駒村多恵)
武市幸子
大根夕佳
沢田玉恵(他校へ転校)
山口リエ
片山さゆり
菊沢美和
石橋けい
早川咲
大村真有美
岡崎ゆきえ
柳里沙
大賀勇気
沖本富美代
沖本美智代
小川真澄
林千春
真弓
中退
西野妙子
浜崎あゆみ
1980年代生まれ
綾瀬はるか(編入)
蒼井優
赤嶺寿乃
大谷みつほ
大森美知
鈴木杏
長澤まさみ
黒川芽以
黒川智花
黒木マリナ
平山あや
橋本真実
加藤あい(編入)
酒井彩名
深田恭子
北川弘美
浜口順子(編入)
安達祐実
サエコ
阪田瑞穂(編入)
佐藤江梨子
Sowelu
山口紗弥加
椎名法子
水樹奈々
小高早紀
上良早紀
山下莉奈(編入、山下智久の妹)
水川あさみ
阿井莉沙
高本彩
西田静香
橘佳奈
長谷部優
小林涼子
関山藍果
大沢友里江
有紗
林丹丹(編入)
川嶋あい(クラーク記念国際高等学校へ転校)
上脇結友
瀬戸千明
増島綾子
葉山恵里(編入)
多岐川華子
木村由姫
藤村ちか
中退
あびる優
上戸彩
濱松咲
渡辺杏
後藤理沙
1990年代生まれ
福田沙紀
忽那汐里
成海璃子
下垣真香
黒瀬真奈美
文字数が多すぎてしまうので、省いてあります
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

昭和の後期(1960年代~1980年代)の各年毎の男女別の人気度ランキングの様なもの…


石野麗子/閲覧:1198回/回答:3回
昭和の後期(1960年代~1980年代)の各年毎の男女別の人気度ランキングの様なものがあれば教えて下さい。
特に御三家(橋幸夫、西郷輝彦、舟木一夫)、新三人娘(天地真理、南沙織、小柳ルミ子
)、フォーリーブス、森田健作、沢田研二、新御三家(郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎)、中三トリオ(桜田淳子、山口百恵、森昌子)、たのきんトリオ(田原俊彦、近藤真彦、野村義男)、チェッカーズ、少年隊、松田聖子、河合奈保子、中森明菜、小泉今日子、中山美穂、南野陽子などのアイドルNo1が変遷する歴史が知りたいです。


ベストアンサー


私は「ブロマイド年代別売り上げ」が最も信憑性が高く、各年代のアイドル人気を表していると考えます。
NHK紅白出演、芸能誌「明星」「平凡」「近代映画」の人気投票などのメディアが関係しているものについては、それぞれの結果がバラバラで、信憑性に関して疑問に思う所が多く、何かメディアの意向によって操作されている様な気がしてなりません。
またレコード売上、有線放送のリクエストなど楽曲のヒットについては、作品の優劣が影響して、純粋にアイドル人気を示すものではない気がします。さらに俳優、タレントの人気はどう見るのかという懸念もあります。
念のため、ウィキペディアにもありますが「ブロマイド年代別売り上げ」を御紹介させて頂きます。
【男性トップアイドルの変遷】
【1964年】
①舟木一夫②西郷輝彦③ジャニーズ④橋幸夫⑤三田明
【1965年】
①高倉健②竹脇無我③田村正和④倉丘伸太郎⑤長谷川明男
【1966年】
①梶光夫②石坂浩二③杉良太郎④西郷輝彦⑤渡哲也
【1967年】
①舟木一夫②三田明③高倉健④赤木圭一郎⑤石原裕次郎
【1968年】
①舟木一夫②テンプターズ③高倉健④赤木圭一郎⑤タイガース
【1969年】
①千葉真一②オックス③フォーリーブス④テンプターズ⑤タイガース
【1970年】
①千葉真一②にしきのあきら③フォーリーブス④森田健作⑤ジューク
【1971年】
①森田健作②フォーリーブス③にしきのあきら④野村真樹⑤仲雅美
【1972年】
①森田健作②フォーリーブス③野口五郎④にしきのあきら⑤沖雅也
⑥石橋正次⑦本郷直樹⑧沢田研二⑨郷ひろみ⑩五木ひろし
【1973年】
①郷ひろみ②西城秀樹③フォーリーブス④森田健作⑤野口五郎
⑥三善英史⑦石橋正次⑧沢田研二⑨にしきのあきら⑩水谷豊
【1974年】
①森田健作②郷ひろみ③西城秀樹④フィンガー5⑤三浦友和
⑥野口五郎⑦フォーリーブス⑧草刈正雄⑨小野寺昭⑩あいざき進也
【1975年】
①西城秀樹②ずうとるび③郷ひろみ④ジャニーズJr.⑤豊川誕
⑥フィンガー5⑦野口五郎⑧あいざき進也⑨佐藤佑介⑩アンデルセン
【1976年】
①西城秀樹②豊川誕③草川祐馬④郷ひろみ⑤ずうとるび
⑥あいざき進也⑦JJS⑧加納竜⑨三浦友和⑩倉田保昭
【1977年】
①郷ひろみ②西城秀樹③草刈正雄④三浦友和⑤新沼謙治
【1978年】
①川崎麻世②宮内淳③三浦友和④西城秀樹⑤郷ひろみ
⑥国広富之⑦太川陽介⑧清水健太郎⑨沢田研二⑩水谷豊
【1979年】
①川崎麻世②井上純一③西城秀樹④水谷豊⑤渋谷哲平
⑥郷ひろみ⑦沢田研二⑧国広富之⑨宮内淳⑩三浦友和
【1980年】
①近藤真彦②田原俊彦③川崎麻世④野村義男⑤西城秀樹
⑥渋谷哲平⑦郷ひろみ⑧田中浩二⑨井上純一⑩沢田研二
【1981年】
①近藤真彦②田原俊彦③ジャPAニーズ④真田広之⑤野村義男
⑥西城秀樹⑦ひかる一平⑧堤大二郎⑨渋谷哲平⑩郷ひろみ
【1982年】
①田原俊彦②近藤真彦③本木雅弘④竹本孝之⑤真田広之
⑥新田純一⑦堤大二郎⑧本田恭章⑨薬丸裕英⑩沖田浩之
【1983年】
①近藤真彦②田原俊彦③本木雅弘④薬丸裕英⑤布川敏和
⑥竹本孝之⑦本田恭章⑧チェッカーズ⑨新田純一⑩羽賀研二
【1984年】
①チェッカーズ②羽賀研二③真田広之④三田村邦彦⑤高木淳也
⑥山本陽一⑦麻見和也⑧松村雄基⑨竹本孝之⑩本田泰章
【1985年】
①チェッカーズ②松村雄基③JACブラザーズ④真田広之⑤逸見政孝
⑥SALLY⑦C-C-B⑧リフラフ⑨三田村邦彦⑩高野浩和
【1986年】
①少年隊②男闘呼組③チェッカーズ④松村雄基⑤真田広之
⑥C-C-B⑦逸見政孝⑧三田村邦彦⑨角田英介⑩JR3
【1987年】
①少年隊②チェッカーズ③男闘呼組④松村雄基⑤真田広之
【1988年】
①男闘呼組②チェッカーズ③イーグルス④少年隊⑤石原裕次郎
⑥柴田恭兵⑦錦織一清⑧植草克秀⑨高倉健⑩東山紀之
【女性トップアイドルの変遷】
【1964年】
①吉永小百合②本間千代子③九重佑三子④美空ひばり⑤高田美和
【1965年】
①山本陽子②高石かつ枝③松本めぐみ
【1966年】
①大原麗子②柏木由紀子③由美かおる④日野てる子⑤梶芽衣子
【1967年】
①黛ジュン②園まり③松原智恵子④由美かおる⑤酒井和歌子
【1968年】
①吉永小百合②中村晃子③黛ジュン④酒井和歌子⑤松原智恵子
【1969年】
①吉永小百合②小川知子③黛ジュン④酒井和歌子⑤松原智恵子
【1970年】
①岡崎友紀②吉沢京子③いしだあゆみ④安倍律子⑤小川知子
【1971年】
①南沙織②岡崎友紀③五十嵐じゅん④吉沢京子⑤ゴールデンハーフ
【1972年】
①南沙織②五十嵐じゅん③天地真理④岡崎友紀⑤小柳ルミ子
⑥吉沢京子⑦ゴールデン・ハーフ⑧いしだあゆみ⑨紀比呂子⑩中野良子
【1973年】
①天地真理②岡崎友紀③栗田ひろみ④榊原るみ⑤森昌子
⑥麻丘めぐみ⑦南沙織⑧桜田淳子⑨浅田美代子⑩山本リンダ
【1974年】
①アグネスチャン②山口百恵③桜田淳子④浅田美代子⑤岡崎友紀
⑥キャンディーズ⑦麻丘めぐみ⑧島田陽子⑨坂口良子⑩森昌子
【1975年】
①桜田淳子②山口百恵③キャンディーズ④アグネスチャン⑤木之内みどり
⑥岡崎友紀⑦林寛子⑧森昌子⑨片平なぎさ⑩志穂美悦子
【1976年】
①山口百恵②桜田淳子③岡田奈々④キャンディーズ⑤岩崎宏美
⑥片平なぎさ⑦林寛子⑧志穂美悦子⑨森昌子⑩伊藤咲子
【1977年】
①志穂美悦子②ピンクレディー③山口百恵④桜田淳子⑤岡田奈々
【1978年】
①ピンクレディー②大場久美子③榊原郁恵④山口百恵⑤香坂みゆき
⑥桜田淳子⑦志穂美悦子⑧木之内みどり⑨岩崎宏美⑩岡田奈々
【1979年】
①大場久美子②榊原郁恵③石野真子④山口百恵⑤ピンクレディー
⑥香坂みゆき⑦相本久美子⑧薬師丸ひろ子⑨石川ひとみ⑩斉藤とも子
【1980年】
①松田聖子②藤谷美和子③三原順子④薬師丸ひろ子⑤大場久美子
⑥石野真子⑦榊原郁恵⑧倉田まり子⑨山口百恵⑩石川優子
【1981年】
①松田聖子②薬師丸ひろ子③藤谷美和子④河合奈保子⑤柏原よしえ
⑥甲斐智恵美⑦三原順子⑧伊藤つかさ⑨上田美恵⑩榊原郁恵
【1982年】
①薬師丸ひろ子②河合奈保子③伊藤つかさ④松本伊代⑤堀ちえみ
⑥松田聖子⑦中森明菜⑧三田寛子⑨武田久美子⑩パンジー
【1983年】
①中森明菜②薬師丸ひろ子③伊藤つかさ④石川秀美⑤武田久美子
⑥堀ちえみ⑦河合奈保子⑧北原佐和子⑨森尾由実⑩伊藤麻衣子
【1984年】
①菊池桃子②原田知世③森尾由美④中森明菜⑤クラッシュギャルズ
⑥岡田有希子⑦薬師丸ひろ子⑧伊藤麻衣子⑨高橋真美⑩宇沙美ゆかり
【1985年】
①クラッシュギャルズ②岡田有希子③伊藤麻衣子④本田美奈子⑤斉藤由貴
⑥伊藤かずえ⑦松本典子⑧原田知世⑨岡本舞子⑩伊藤つかさ
【1986年】
①本田美奈子②南野陽子③斎藤由貴④浅香唯⑤クラッシュギャルズ
⑥杉浦幸⑦薬師丸ひろ子⑧伊藤かずえ⑨岡田有希子⑩松本典子
【1987年】
①中山美穂②浅香唯③南野陽子④酒井法子⑤斎藤由貴
【1988年】
①南野陽子②酒井法子③中山美穂④浅香唯⑤工藤静香
⑥立花理佐⑦西田ひかる⑧岡田有希子⑨後藤久美子⑩森川由加里
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

有名な俳優が特撮に起用された例ってあります?


石野麗子/閲覧:1388回/回答:13回
有名な俳優が特撮に起用された例ってあります?
(仮面ライダーG除く)
ライブマンの3人(嶋大輔・西村和彦・森恵)やゴーオンジャーのゴーオンゴールド(徳山秀典)、
ケガレシア(及川奈央)、仮面ライダー響鬼(細川茂樹)、ゴセイジャーのゴセイピンク(さとう里香)が思い当たるのですが・・・。他にいますか?1年以上続いたものに限ります。企画ものやVシネは除きます。
できれば、皆かわかる主役・準主役級でよろしくお願い致します。


ベストアンサー


仮面ライダーフォーゼ
アンガールズ 田中卓志
鶴見辰吾
仮面ライダーオーズ
宇梶剛士
仮面ライダーW
桐山漣
管田将暉
なだぎ武
板野友美
河西智美
寺田農
吉川晃司(MOVIE大戦2010・CORE)
松岡充(AtoZ)
山本太郎(CORE)
仮面ライダーディケイド
GACKT(大ショッカー)
大杉漣(大ショッカー)
石橋蓮司
仮面ライダーキバ
ギャル曽根(魔界城)
ネプチューン 堀内健(魔界城)
仮面ライダー電王
佐藤健
石丸謙二郎
渡辺裕之(誕生)
陣内智則(誕生)
星野亜希(誕生)
神田沙也加(さらば)
柳沢慎吾(鬼ヶ島)
篠井英介(鬼ヶ島)
仮面ライダーカブト
水嶋ヒロ
山本裕典
武蔵(GOD SPEED LOVE)
仮面ライダー響鬼
細川茂樹
仮面ライダー555
半田健人
仮面ライダー龍騎
津田寛治
仮面ライダーアギト
賀集利樹
要潤
仮面ライダークウガ
オダギリジョー
仮面ライダーBLACK・BLACK RX
倉田てつを
仮面ライダーV3
宮内洋
仮面ライダー
藤岡弘、
天装戦隊ゴセイジャー
千葉雄大(レッド)
侍戦隊シンケンジャー
松坂桃李(レッド)
特捜戦隊デカレンジャー
石野真子
百獣戦隊ガオレンジャー
金子昇(レッド)
玉山鉄二(シルバー)
未来戦隊タイムレンジャー
永井マサル(レッド)
救急戦隊ゴーゴーファイブ
マイク眞木
星獣戦隊ギンガマン
照英(ブルー)
忍者戦隊カクレンジャー
ケイン・コスギ(ブラック)
恐竜戦隊ジュウレンジャー
千葉麗子(プテラ)
高速戦隊ターボレンジャー
篠原涼子
超獣戦隊ライブマン
嶋大輔(レッド)
西村和彦(イエロー)
ですかね。
つ、疲れた・・・
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

田中絹代、原節子、長谷川一夫は大正生まれ世代のアイドル


石野麗子/閲覧:314回/回答:4回
田中絹代、原節子、長谷川一夫は大正生まれ世代のアイドル
石原裕次郎、美空ひばり、北島三郎は昭和1ケタ世代のアイドル、
舟木和夫、平尾正明は昭和10年生まれ世代のアイドル、
ビートルズと吉永小百合、小川とも子、森山良子、薗まり、クレイジーキャッツ、高倉健は昭和20年生まれ世代のアイドル、
沢田研二、桃井かおりは昭和25年生まれ世代のアイドル
井上陽水、南こうせつ、山口百恵、ドリフターズ、原田智代、浅丘めぐみ、岩崎博美、は昭和30年生まれ世代のアイドル、
松山千春、チューリップ、郷ひろみ、太川陽介、舘ひろし、水谷豊、松本伊代は昭和35年生まれのアイドル、
近藤雅彦、チェッカーズ、YMOは昭和40年生まれのアイドル、
おおよそ合っているでしょうか?


ベストアンサー


「ブロマイド年代別売り上げ」をご紹介しますので、
それから(10年~20年位を引いて)逆算してみて下さい。
——————————–
——————————–
——————————–
——————————–